タダリスはシアリスよりも経済的に入手できる

ED治療薬のシアリスを購入するのなら、タダリスを選んだ方がお得というのはあまり知られていません。
そもそも認知度でいうのならシアリスのほうがダントツですので、タダリスを知らないという人も少なくはないでしょう。
では、なぜシアリスよりもお得なのでしょうか。

まずはジェネリックの基礎知識を把握しておこう1

tadalis41シアリスとは、バイアグラとレビトラに続いて誕生した第3のED治療薬です。
イーライリリー社が製造・開発、日本では2007年から販売されています。
バイアグラはED治療薬として最も有名なので、その名前くらいはご存知の方も多いでしょう。
シアリスは、バイアグラとそのあとに開発されたレビトラの改良品と思って構いません。

通常の食事程度なら食後の服薬が可能で、持続時間は最長で36時間、副作用も少ないのが特徴です。
服薬におけるストレスもなく、発熱や頭痛などの辛い副作用の症状を感じることもないということで2013年にはED治療薬の世界者シェアNo1にもなっています。

タダリスはシアリスと同じ有用成分タダラフィルを含有した、シアリスのジェネリック医薬品としてインドのAjantaPharmaLimited社が製造しました。
本来であればシアリスの医薬品特許は持続中ですのでジェネリック医薬品は製造されませんが、インドにおいては各国と異なる医薬品特許が制定されており、新薬の成分は真似ても製法まで真似なければジェネリック医薬品を製造することが可能となっています。
そのためインド製に限りシアリスのジェネリック医薬品が存在するわけです。
先述したように同じ有用成分で製造していることから、その効果はシアリスと同じものが得られます。
それに加えて、開発費用が掛かっていないことで薬価を抑えて消費者に提供することができるというメリットがあり、それによって消費者もシアリスを使うよりも医療費負担を抑えることができます。

実際、シアリスは1錠1,500円~2,000円が相場となり、対してタダリスは1錠300円~500円程度で入手できるためかなり経済的です。
ちなみに日本国内で入手する場合はシアリスのみとなり、医師の処方箋を受ける必要があるので診察代なども含めると1錠5,000円程度はかかってしまうでしょう。

しかしタダリスは日本国内での販売認可は受けていないので、入手する場合は個人輸入に限られています。
医薬品の個人輸入に関しては、規定の用法用量以内であれば合法的に海外から輸入することが厚生労働省より許可されていますので安心してください。
ただ輸入ということで、代金は支払ったけどきちんと商品は送られてくるか、偽物をつかまされるのではないかというようなリスクはつきますので、その辺の安全性を考慮して個人輸入を行う必要はあります。
そのためには実績のある個人輸入代行業者を活用し、正規品保証が取れていることを前提に利用するようにしましょう。
また、実際の利用者の口コミ評価も一つの基準にしてみてください。

Comments are closed.